ペニス増大の3つの方法の価格とメリット・デメリット

男性の悩みの種でもあるのがペニスのサイズです。
これを大きくすることができたらとても嬉しいですよね!

 

ですがお金の問題も出てきますので、簡単に挑戦することはできません。
手術、器具、サプリ、それぞれ当然ですが必要になってくる費用が大きく異なるため、吟味することが大事なのです。

 

多くの男性は増大方法についてあまり知らないと思われます。
ですからペニス増大方法の種類や価格、特徴についても把握するところから始めましょう。

 

ペニス長径手術っていくらするの?

ペニス増大関連の手術はたくさんありますが、長さをアップさせたいのなら、ペニス長径手術を受けることになるでしょう。
これはクリニックで施術を受けられますが、基準となっている価格がないみたいなので、クリニックによってバラバラです。

 

安いところであれば7万円ほどで長径手術が可能ですし、30万円ほどかかるところもあります。
基本的には10万円台のクリニックが多いようですが、金額だけで選ぶのは非常に危険でしょう。

 

しっかりとカウンセリングに行って相談をし納得できたら施術を受けましょう。
実際にそのクリニックで手術を受けた人の口コミを確認することも忘れてはいけませんし、カウンセリングの際に不信感や違和感を感じた場合は、そこでペニス長径手術をするのはやめた方が無難かもしれません。

 

ペニスはとても大事な部位でトラブルが発生してからだと取り返しがつかないこともあり得ます。

 

数万円〜30万円以上など、幅広い価格設定がされているのがこの手術ですが、チェックすべき個所は価格以外にもいくつもあるのですね。
大都市になるとペニス長径手術をしてくれるクリニックは数えきれないくらいあるので、焦らずにしっかりと決めるようにしてください。

 

真空ポンプ式の増大器って種類に特徴はあるの?価格帯は?

人間のコンプレックスに関する商品というのは次から次に生まれるもので、ペニス増大用の真空ポンプ式の増大用品まで登場しています。

 

これは特殊な器具を使用してペニスを吸引して増大化させるという商品で、手動のものだけではなくて電動の商品もあります。
真空ポンプ式の増大器の特徴のひとつに、自宅で誰にもバレずに行えるというものがあるでしょう。

 

ある意味チントレを手軽に行うためのグッズといっても過言ではなく、商品によってはテレビを見ながらでも可能です。
ただペニスを挿入するための器具や吸引するための器具などいろいろな器具を使うことになるので管理が大変かもしれません。
ローションを使用することになるでしょうから使用後の洗浄作業も少し面倒かもしれません。

 

ですが増大サプリと違い体の中に何かを入れるものではありませんし、手術と違ってメスを入れたり注射をしなくて済みます。
ただペニスを痛める可能性もゼロではないため注意は必要ですね。

 

そして気になる真空ポンプ式の増大器の価格についてですが、手動か電動かにもよりますが、多くの場合1万円〜となっているようです。
高いか安いかだけで選ぶと、粗悪品を購入してしまうかもしれませんので、品質もしっかりと見極めましょう。

 

ペニス増大方法にはいろいろなものがあることも覚えておきましょう。

 

増大サプリの価格帯!相場はいくら?効果が出るまでコストはどれくらい

ペニスのサイズをコンプレックスに感じている男性が一番手を出しやすいものといえば、間違いなく増大サプリでしょうね。(ペニス増大方法は多くあります)
最近は日本人男性向けに開発されたものもありますし、各社がサプリを開発しているので、自分に合ったものを選びやすいでしょうね。

 

気になる価格ですが、安いものは1か月に数千円のものから、高くても2万円未満のサプリが多いです。

 

一概には言えませんが、価格=成分の質とも言えますので、価格が安いからと安易に選ぶのは良くありませんし、効果が出ない可能性もあるでしょう。
多少価格が高くても効き目がありそうなものを選んだり口コミが良いものを選ぶことで、結果的に安上がりになるかもしれません。

 

また効果が出るまでにかかる期間は早い人で数日〜2、3か月でしょうか。
2、3か月使用しても全く大きくなっている気配がない場合は、別の増大サプリに乗り換えた方が良さそうですね。

 

3か月使用して満足できるサイズになったとしたら、必要なコストは商品に寄りますが3万円ほどでしょうか。

 

ですが短期間使用して結果が出たからと言って飲むのをやめてしまうと、元に戻るという意見もあるので、ある程度は続けた方が良いかもしれませんね。
ただ使用を続けることで大きくなりすぎるのが嫌だというのであれば、適度なサイズの時点でやめましょう。

 

高く見積もってみても4万円もあれば3か月は使えるので、それが効果的かそうでないかは判断できるでしょう。